読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu 13.10 で fcitx-mozc を使う

Ubuntu13.10のiBusでは、今まで出来ていた次の2つの使い方が難しそうだったので、Fcitxをインストールして使えるようにしました。

  • 変換キーでIMオン / 無変換キーでIMオフ
  • IMのオン/オフがインジケータ・アプレット上に表示される

とりあえずは満足に動かせるように設定できたので、まとめておきます。

インストール

japanese-testersのリポジトリを追加。
デフォルトのリポジトリのFicitxだと、IMオンのホットキーがIMのトグルとして動き、IMオフのホットキーが何も動作しないバグ?が起こりました。

$ sudo add-apt-repository ppa:japanese-testers/ppa
$ sudo apt-get update

fcitxとfcitx-mozcをインストール。

$ sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc

設定

System Settings の Language Support を開き、Keyboard input mehtod systemfcitxを選択する。

f:id:itiut:20131025144935j:plain

ログインし直すとFcitxのインジケータ・アプレットが現れるので、アプレットをクリックしてメニューからComfigure Current Imput Methodを開く。

Imput Methodのタブで、左下のプラスアイコンからMozcを追加し、Mozcが上から2番目になるように並べ替える。

f:id:itiut:20131025144948j:plain

Global Configのタブで、Show Advance Optionにチェックを入れ、
Trigger Imput Methodに全角半角キー
Activate Input Methodに変換キー
Inactivate Input Methodに無変換キーを設定する。
extra trigger keyはデフォルトの左SHiftだけでIMの状態が変わるのが嫌だったので、無効にしました。

f:id:itiut:20131025145000j:plain