読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu 11.10 にAnrdoid開発環境を整える

インストールするもの
JDKのインストール
$ sudo add-apt-repository ppa:ferramroberto/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install sun-java6-jdk

JDKはインストールしてありました。

Eclipseのインストール
$ sudo apt-get install eclipse
Android SDKのインストール
$ wget http://dl.google.com/android/android-sdk_r15-linux.tgz
$ tar xf android-sdk_r15-linux.tgz

// /opt に移動させる
$ mv android-sdk-linux /opt/.

$ vi .bashrc
// 次の文を追加
export PATH=${PATH}:/opt/android-sdk-linux/tools

$ source .bashrc

64bitのUbuntuを使用しているので、32bit用のライブラリをインストール。

$ sudo apt-get install ia32-libs
ADT Plugin for Eclipseのインストール

Eclipseを起動して、Help -> Install new software...を選択。
右上のAddから、次のURLを追加します。Nameはわかりやすいようにつければ大丈夫です。

Name: indigo
Location: http://download.eclipse.org/releases/indigo/

Name: android
Location: http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

work withのプルダウンからandroidの方のURLを選択すると、下の欄にDeveloper Toolsが出てくるので、チェックを入れて、Nextからインストールし、その後再起動。

再起動すると、SDKをインストールするか、インストールしたディレクトリを指定するウインドウが出てくるので、Use existing SDKsにチェックを入れ、インストールしたディレクトリを指定。
Window -> Android SDK ManagerからAndroid SDK Managerを起動。
インストールできるパッケージの一覧が表示されるので、Toolsと必要なバージョンのものにチェックを入れ、Install packagesからインストール。