読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntuを11.04に更新したけどUnityが使えなかったので10.10を再インストールした

VMware Player上で動かしているUbuntuを10.10から11.04に更新した。新ユーザーインターフェースUnityが導入されたとのことだが、ハードウェアが対応していないと怒られてしまった。これじゃあ更新する意味もあまりないかなと思い、10.10を再インストールした。

再インストール後にやったこと

ワークスペースの数を縦2x横2にする

パネルのワークスペース切り替え器を右クリック -> [設定]

ワークスペースの数: 4,  行数: 2
キーボードショートカットの変更

[システム] -> [設定] -> [キーボードショートカット]

ワークスペースの切り替え: Ctrl+矢印キー, Ctrl+数字キー
端末の起動: Win(Mod4)+T

[システム] -> [設定] -> [キーボード・インプットメソッド]

切り替えのキーボードショートカット: 無変換キー, 変換キー
ユーザーディレクトリにある日本語表記のディレクトリを英語表記にする
$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
フォントの追加

Inconsolataを追加する

$ sudo apt-get install ttf-inconsolata
ソフトウェアのインストール

Emacs23

$ sudo apt-get install emacs23

C++コンパイラ g++

$ sudo apt-get install g++

sun-java6-jdk

$ sudo add-apt-repository "deb http://archive.canonical.com/ lucid partner"
$ sudo apt-get update   
$ sudo apt-get install sun-java6-jdk
	ライセンスの確認画面では、TABキーを押して[了解]にフォーカスを移す。
$ sudo update-alternatives --config java
	デフォルトでインストールされているOpenJDKを使わないようにする。
	javaの一覧が表示されるので、Sunのものを選択する。